世界でもバリ島ほど芸術を肌で感じるところはない。その奥深さは観光客のために用意されたレゴンやケチャックといった舞踊にとどまらない。道端のプラ(ヒンドゥーの社)が醸しだす歴史と信仰の佇まい、村々で頻繁に催されるウパチャラ(儀式)の壮麗さとそこに足繁くかよう人々の姿、サンガルで踊りを習う子どもたち、すべてが清らかなのにとても身近に感じる温かさ。これらが訪れる人を癒し、虜にし、安らぎの島バリに人を連れ戻すのである。
表紙写真と写真説明・安藤毅
題字・目黒雅堂

 

お問い合わせはこちらまで。
hello@hellodong.com





 

★さらさは無料ですが、確実に入手されたい方は、定期購読をお勧めいたします。『定期購読のご案内』パネルをクリックし、お問い合わせフォームにて弊社までお申し込みください。

contents

 

ぐるっとバリ36景
Part1


其の壱 クサンバの塩
其の弐 シドメン織り
其の参 バトゥール山・トゥルニャン村
其の四 ジュラ村
其の五 ガムラン工房/シオバック
其の六 プリ・バグース・ロビナ
其の七 ロビナのイルカ
其の八 ダマイ・ロビナ・ヴィラ
其の九 ジャスミン・キッチン


バリの温泉巡り



山田美佐緒さんと
ジャカルタでワイン巡り
Vinotecaのレアワイン


焼き肉とカルビチム

エンターテインメント・ニュース

マンガ新連載!
プロフェッショナル
ジャカルタの仕事
by バリ作
第1回 タイマー


Sama-Sama




 

 
 
 
 
 
 
 
© 2006 CROWN LINE GROUP All Rights Reserved.