ティモール島。熱帯雨林の山へ踏み入った。すぐに果物の発酵する匂いが鼻をつく。薄暗い森のなかに目が慣れると人の背丈ほどの木々に緑や、黄色、オレンジ、赤などに染まったコーヒーの実がびっしりと見える。赤黒く熟れきったものは地面に落ち、湿った熱帯の褥で発酵し森じゅうを酔わせる。白檀を切りつくした人は森にコーヒーを植えた。今ではそのコーヒー豆ですらここの人を喰わすことはできない。森にどんなに芳醇な香りが流れても。
表紙写真と写真説明・安藤毅
題字・目黒雅堂

 

お問い合わせはこちらまで。
hello@hellodong.com





 

★さらさは無料ですが、確実に入手されたい方は、定期購読をお勧めいたします。『定期購読のご案内』パネルをクリックし、お問い合わせフォームにて弊社までお申し込みください。

contents

 

特集 : お茶とコーヒー「老舗&有名店」探訪記

お茶とコーヒー
「老舗&有名店」探訪記
Phoenam
Warung Tinggi
Coffee Tree
Siang Ming
Q Spa
Teh 63
FJ Bistro


インドネシアのコーヒー
飲み比べ

裏千家

男の趣味
ロムジー・アルカティリさん&アブドゥラ・アフィフさん
鉄道模型カフェ

 



山田美佐緒さんと
ジャカルタでワイン巡り
うま安ワインチャンピオン 白の部

エンターテインメント・ニュース
さらさ映画館

海外引越28年、クラウンラインが語る
「お引越の極意」 第3回

Sama-Sama
   




 

 
 
 
 
 
 
 
© 2006 CROWN LINE GROUP All Rights Reserved.