黒褐色のナツメグをぴったりと包むメースというもの。脂でぬめぬめし、鮮やかな朱色がどことなく妖艶さを醸しだす。しかしいったんナツメグから引き剥がされると、あっという間にしぼんでしまい、真紅もくすんで毒々しさが消え失せる。ナツメグの木は役者のように優雅な立ち姿であるが、とても神経質だ。土壌を選び、周囲をクナリという背の高い木に囲ませ海の湿気から身を守る。その昔バンダ諸島だけに根をおろした植物なのである。
表紙写真と写真説明・安藤毅
題字・目黒雅堂

 

お問い合わせはこちらまで。
hello@hellodong.com





 

さらさは無料ですが、確実に入手されたい方は、定期購読をお勧めいたします。『定期購読のご案内』パネルをクリックし、お問い合わせフォームにて弊社までお申し込みください。

contents

 

 

チレボン特集 PART 2  バティック編


パチェ工房からトゥルスミまで
★ペンギンをガイドに、ぶらぶら布探し

雨雲とペンギン
★賀集由美子さんの「パチェ工房」訪問記
読者プレゼントあります


チレボンのバティック工房から<最終回>
★パチェ工房の職人さんたち
ご好評いただいていた連載ですが、いったん終了します。
ご愛読ありがとうございました。

「チレボンのバティック」基礎知識
★チレボン・バティックの特徴ほか

トゥルスミ お買い物マップ
★バティックのお店、完全ガイド

バティック生活のススメ
★布の使い方のヒントを3人の方に聞きました



真説・ガルーダ商人
桐島正也さんインタビュー
★スカルノ

男の簡単クッキング
回鍋肉
★硬いキャベツは電子レンジで

エンターテインメント・ニュース
★目黒雅堂さん門下生書画展
★ブロッサムネイルズ
★インドネシアの染織と文様


さらさ映画館

マンガ
「じゃがたら通信 ロミちゃんのインドネシア滞在記」
★道路の穴

お菓子作り新連載!
スイートポテト・オムレット
★秋らしくお芋を使って

季節を感じてジャカルタでフラワーアレンジメント
★菊づくし


ランチマーケットでお買い物(13)
プロが教えるインドネシア料理
★ソトアヤム、牛肉のサテ


Sama-sama
ぼくはチャーリー


さらさ増刷のお知らせ
★さらさ実刷数5000部!

 

 

 
 
 
 
 
 
 
© 2006 CROWN LINE GROUP All Rights Reserved.