CROWN LINE GROUP THE INTERNATIONAL MOVERS

 

HOW TO PACKING

 

引越では家具などの大きな物から、食器、装飾品類などの小さな物まで
輸送中の振動に耐えられるように安全、かつコンパクトに梱包しなければなりません。
お荷物の状態の是非はパッキング次第。
クラウンラインは「自社熟練スタッフ」 が責任を持って行います。

 

食器、クリスタル類にはエアキャップ、衣類には、ハンガーにかけたまま移動できるハンギングワードロープなどといったお荷物に合わせ、それぞれ梱包方法・梱包材料を使い分け致します。
長期間の輸送にも耐えられるように、衣類には防虫剤、電化製品には乾燥剤を入れ、虫クイやカビからお荷物を守ります。

 

    個 包   箱詰め
 木枠梱包
 コンテナ積
破損しやすい品物は、ひとつづつ、ていねいに紙やエアキャップなどで包みます。   個包したものを二重構造のダンボール箱に詰めます。   箱詰めされた荷物を更に当社特製の防水型大型木箱に入れ、荷造りを完了。   フォークリフトにて大型木箱をコンテナに積めます。

 



[ ホーム ] [ クラウンラインのサービス ] [ How To Packing ] [ 海外引越の流れ ] [ 日本での取り扱い ] [ お問い合わせ ] [ アジアのクラウンライン グループ ]